上京ライフ

浜松町の隠れ家焼肉店「牛の五六八」が大食いチャレンジ企画!


 人生で一度は挑戦してみたい、大食いチャレンジ。誰かと行きたいけど友達の前では大食いなんてできない、そんな人にうってつけの大食い企画があるのでぜひご紹介しよう!

 今回ご紹介するのは、浜松町にある焼肉店「牛の五六八」(港区浜松町)で実施中の大食い企画、その名も「肉のヒマラヤ アンリミテッド」(10,000円)だ。“塊肉”で知られる「肉のヒマラヤ」とのコラボ企画。現在、渋谷と築地で実施中だが、同店でもチャレンジができる。

ローストビーフがヒマラヤのように盛られて運ばれてくる

 簡単なルール説明をしておくと、最初の注文時には1,000グラムのローストビーフが運ばれてくる。塊は目の前で焼き上げられた後に、カットされて山盛りに盛り付けられて戻ってくる。食べ放題はそこから始まる。制限時間は90分。おかわりは100グラム単位から。そして食べ残しは1切れにつき100円が発生する。注文は1セット4名まで可能だが、冒頭にも述べたようにぜひ一人で挑戦していただきたい。

 と、ここまでは一見どこにでもありそうな大食い企画なのだが、実はここ、調味料が持ち込みできるのだ(わさび、ポン酢などは用意されています)。そう、大食いチャレンジをするうえでのもっともな天敵は「飽き」。マヨネーズやドレッシングなど、自分が食べやすい調味料を持参すれば、クリア間違いなし!?

店舗外観

 店長の古藤伸一さんは、今回の企画について次のように話す。「普段から当店を利用していただく方のほとんどはおよそ30代〜50代。20代の方々にも当店を利用していただこうと今回の企画をはじめたんです。SNS映えも間違いないので、ぜひ写真を撮ってSNSに投稿してほしいです」と古藤店長。

 そんな同店は、約15年前にオープンして以降、平日は浜松町エリアに通うサラリーマンたち、週末は近隣に住む家族連れの方々に頻繁に利用される、地元密着&アットーホームな焼肉店である。

1、2階合わせて48席が並べられている店内

 しかし、その一方で“隠れ家”的な店としても扱われているようだ。というのも、立地的には浜松町駅から徒歩5分と比較的“駅近”な場所にあるのだが、居酒屋店や焼肉店が多く立ち並ぶ国道15号線、即ち第一京浜の一本裏手に店が佇んでいる。加えて、浜松町駅から見ると、サラリーマンたちが多く流れる大門駅方面とは反対方向に店が位置しているのだ。どうやらたまたま通りかかった人よりも一度利用した人が再び利用するケースが多いのだという。

 提供するメニューは、国内産の和牛を中心に、カルビ、ロース、ハラミなどの定番どころはもちろん、1頭から2キロほどしかとれない希少部位「トモサンカク」などもそろえる。さらに、〆メニューとして、隣接するグループ店舗でもある蕎麦店「五六八そば」が提供する、打ち立て自家製蕎麦も用意。こちらも豪快に舟盛りで食べられる。

国内産の和牛を丁寧に調理して提供する同店

カルビ、ロース、ハラミなどの定番メニューのほか、希少部位も提供する同店

〆メニューとして人気の大盛りのそば

今回紹介した大食いチャレンジ企画は、隠れ家焼肉店が実施しているからこそ、一人チャレンジに向いているといえるだろう。同企画は、この夏の期間限定。令和で最初夏は、浜松町のヒマラヤへ“登頂”しに同店へ足を運び、ぜひ一夏の思い出を創り上げてほしい。

<店舗情報>
「牛の五六八」ギュウノイロハ
住所:東京都港区浜松町2-12-13
コンフォート芝1F
電話番号:03-3431-8387
営業時間:[月~金]17:00〜23:15(L.O.)22:30、[土]17:00〜21:00(L.O.)20:30
定休日:日、祝
アクセス:JR「浜松町駅」金杉橋口から徒歩5分、都営浅草線&都営大江戸線「大門駅」A1出口から徒歩6分

ページTOPへ