上京ライフ

上京ライフから店が誕生!
その名も「上京酒場 AKASAKA 滝の音」


上京ライフからこのたび店がオープンした。その名は、「上京酒場 AKASAKA 滝の音」だ。 店主は、上京ライフ編集長の小山田滝音が務める。

以下、小山田からのコメント。

店名の由来

百人一首に
「滝の音は 絶えて久しく なりぬれど 名こそ流れて なほ聞こえけれ」

という句があるのですが、ここから名前を取りました。

当時博学多才と呼ばれた大納言公任(藤原公任)が読んだ詠で、京都・嵐山の大覚寺が舞台となっています。

《滝は枯れてその音はもう聞こえないけど、その名声だけはいまだに人々の間で語り継がれているよ》という意味。

店を訪れて楽しいひとときを過ごしたとしても、時間(終電?)が来れば家に帰らなければならない。店から離れた場所にいても何処にいても心に残る空間にしたいと願っております。


店名の由来

「上京する人が目指す場」と「赤坂なんでも相談所」という2つのコンセプトを掲げて営業いたします。

上京に対する思い

「上京」には夢やロマンがあると僕は思っています。

僕は出身が神奈川県なので「それって上京なのか?」とツッコミが入りそうですが、でも地元にいたときの選択肢って、大雑把にくくると「地元に残るか」「東京に出るか」の2択だったと思います(たぶん)。それって、ほかの県から上京してきた人(もちろん人それぞれ理由はあると思いますが)と状況(変換で上京と出てきました笑)としてはあまり相違ないのではと僕は捉えています。

話は戻りますが、「上京」には、何か一旗揚げてやろうとか、夢を叶えたいとか、夢を見つけたいとか、さまざまなポジティブな思いが含まれていると思い、個人的にはその情熱がとても好きで、そういう人たちの支援・・・というと大げさなのですが、何か力になれればと思っております。

だけど「上京」ってけっこう概念的というか、ちょっと曖昧な表現なのかなと。。。西遊記の孫悟空(→天竺)や、かつて戦国武将(→京都)などは具体的に目指す場所があったけど、上京には具体性がなく、東京を目指そうと思っていてもどこを目指すべきなのか曖昧。

「上京酒場 AKASAKA 滝の音」は、上京者が目指す場所として機能したらいいなとぼんやり考えています。


赤坂なんでも相談所として

僕は2014年から赤坂の街の仕事(街の記者)を始めて、すっかり多くの人との交流を持たせていただき、今ではさまざまな恩恵を受けております。

今度は僕が返す番。街の人の力になりたいなと思っていますが、具体的には
・赤坂でこんな企画をしたいんだけど、〇〇という人を紹介してよ
・SNSの運用に困っているんだけど、知恵を貸してよ
などなど。

赤坂の街(飲食店など)を利用している人に対しても
・飲み会を開きたいんだけど、こんなお店ない?
・二次会どこのお店がいい?
など。そう、赤坂を利用する人と迎える人のハブ的な存在になれればなと。

また、これから赤坂に来る人たちに向けても
・商店会に入るにはどうしたらいい?
・店のHPを作りたいんだけど、どうしたらいい?

といった相談を受けてそれに応えることで、赤坂の街に返していけたらいいなと思います。


地方とつながっていきたい

「上京」がテーマなので、たとえば、〇〇県産の食材や酒などを扱っていきます。そうすることで、地方出身の人にとって「懐かしいな」とアットホームに感じていただけたらとてもうれしいです。

さらに、地方にいる人ともつながっていきたい。「実はうちのお父さん、農家なんですよ」という人がいたら、その食材、ここで扱っていきます!

店内には「上京ノート」を置き、「出身地自慢」をしていただきます。それをもとに僕らとお客さま、そしてお客さま同士がコミュニケーションを図っていき、何かシナジーが生まれればいいなと思います。

こうして「上京酒場 AKASAKA 滝の音」を通じて、東京と地方の距離を縮めていく。即ち「上京」自体を(物理的に)短く、そして近いものいしていけたらいいなと考えています。


イベント開催、貸切も募集中!

「群馬ナイト」とか、「青森ナイト」みたいな感じで、地方を切り口としたイベントも定期的に行っていきます。貸切(5名から)の相談も受け付けます。

目指したいもの

上京者が目指してくる場所として確立させていきます。近い将来、不動産関係や転職関係者とつながって、一緒に上京者の応援ができればいいなとも考えています。

たとえば「お試し上京」なんていって、地方の人が1週間だけ、東京で「住む」と「働く」体験を提供できたら、より気軽に上京できるはず。

そして実際に上京した人が東京でさまざまな力を身につけていき、地元にUターンしてその力を発揮して地方の活性化につなげていく。そうすることで結果的に日本がいまよりもさらに豊かになれるのではないだろうか。もしそうなるならこれほどまでにうれしいことはありません。

まずは上京者を迎えるための場所として、「上京酒場 AKASAKA 滝の音」を一緒に温めてくれる人、そんな考えに共感できる人はぜひ一度足を運んでいただけたらうれしいです。

ひとつのつながりがきっと大きな何かを生み出していく、僕はそう信じています。


<店舗情報>
「上京酒場 AKASAKA 滝の音」
営業時間:17:00〜24:00(変わるかも)
定休日:なし(不定休)
TEL:03-5797-8777
住所:港区赤坂4-2-5 ヤブタビル5F

<SNSアカウント>
・Twitter【外部リンク】

・LINEアカウント【外部リンク】

・Facebookページ【外部リンク】

・Instagram【外部リンク】

ページTOPへ